竹中電業株式会社 社長挨拶
社長挨拶

お蔭をもちまして弊社は間もなく60周年を迎えようとしております。
高度経済成長期に設立し、東京五輪(1964)、オイルショック、バブル、リーマンショックと、日本経済の激動の中で、制御機器・電設電材の卸売一筋で続けてこられましたのも一重に皆様方のご愛顧の賜物であります。

経済の爛熟期に入りすべての業界で体系化・均一化が進み、新しい起業は容易ではありません。また人口の低下や高齢化等々元気がなくなるような話題が多い中であっても、会社を維持、更に発展させていく工夫をしていくことが社長となった者の至上命題であります。

幸いにして弊社は、商品・顧客・人材・銀行に恵まれてまいりました。この点におきましては今後とも当然のことながら大切にしていく部分でございますが、兄弟会社である㈱大平商會の業種をも含めて全体の発展を意識して、これまで以上に進歩を遂げていく所存であります。

それにはこれまでのご愛顧に加えて、皆様と共に発展していく中でご指導ご鞭撻を賜り、ありきたりではございますが、改めて以下の三点を社是として歩んでまいりたいと考えております。

これからもよろしくお願い申し上げます。

 

竹中電業株式会社
代表取締役 竹中電業株式会社 代表取締役 村松 幸則

お問合せはこちら

お問合せはこちら

取扱商品